主イエスの捕縛の場面。彼は「犯罪者とされるため」に捕らえられる。既に裏で金銭取引は終了。暗がりの中、ユダの合図で主イエスが捕縛される。師に対する愛と尊敬の挨拶が、裏切りの合図となるとは酷な話だ。しかし裏切ったのはユダだけではない。他の弟子たちも皆、蜘蛛の子を散らすようにわが身に危険が及ぶとその場を離れ、主イエスを見捨てて逃げ去ってしまうのだった。ガリラヤでは好意的だった「群衆」も、今では手のひらを返したように剣や棒を持ってイエスのもとに来ている。その後に登場するひとりの若者は著者自身(マルコ)を登場させているとも言われるが、彼も捕縛されそうになると恥も外聞もなく身に纏っていた亜麻布を脱ぎ捨て逃亡する。読者を含めここにいるすべての者が、主イエスを見捨ててしまう者なのだ。待降節(アドヴェント)に入った。救い主誕生の夜、身重のマリアとヨセフの宿る居場所はなく、家畜小屋をあてがわれる。主イエスは誕生の時からベッドもなく、飼い葉桶に寝かされる。当初から見捨てられる側におられ、最後まで十字架で見捨てられた者として死なれる。ここに神の愛が示された。他者を愛する時は、己が見捨てられている。主イエスは神の身分を捨てて世に降られ、苦難のしもべ、貧しい者となられた。われらが富む者とされるために(Ⅱコリ8:9)。たとえ裏切ってしまうようなわれらをも受け入れて赦し、愛するために。主イエス・キリストにおいて示された神の愛により、われらは神に見捨てられぬ者とされている。(2021.11.28)

アラム語で「油絞り」を意味するゲッセマネの園。オリーブの木々が生えており、今も樹齢2000年の樹があるという。現在は修道院が建っているがコロナ前は世界中から多くの人々が訪れていた。この場所で主イエスはその死の前夜、精神が押し潰されそうなほどに酷く苦しまれた。あたかもオリーブを圧縮するかのように苦悩の祈りを絞り出される。「アッバ(父よ)、あなたは何でもお出来になります。この杯を私から取りのけてください」彼はご自身がこれから受ける苦難の杯を前にそう祈られた。主イエスは弟子の裏切りによって間もなく捕縛される。その先には耐え難い暴行と侮辱が待ち受けている。鞭打ちによる虐待、十字架という極刑。それは筆舌に尽くし難い苦しみなのである。しかしゲッセマネでの祈りは後半がある。「しかし私の願うことではなく、御心に適うことが行われますように」前半は主イエスの願い、後半は神への信頼である。前半と後半の間には相当な葛藤、神の意志と自分の願いとのせめぎ合いがあったことであろう。だが、最終的には「信頼」という純粋な油が絞り出されるのだ。そしてそこにわれらが救われる血路が開かれたのだ。キリスト信仰における神の招き、それは自分の願いだけではなく、それと共に「自分は何をすべきなのか?」神からの使命が問われる。神のご意志のうちにこそ自分にとっても、周りにとっても最善の道が備えられている。その信頼に招かれているのだ。(2021.11.21)

(ろうそくものがたり)けんちゃんの家には色んな物がある。冷蔵庫や時計、ぬいぐるみや電球、懐中電灯・・・。皆が自分の自慢話で盛り上がる。そんなある日、台風によって家の中は真っ暗に。自慢していた家電たちは停電となっては全く役に立たないのであった。そこに登場した一本の「ろうそく」。この存在によって暗い部屋が明るくなり皆は歓声をあげ喜ぶ。だが、ろうそくは光れば光るほど、燃えれば燃えるほど低く小さくなっていくのであった。台風が去って朝が来ると、ろうそくはすっかりなくなっていた・・・。自分をなくしてまで、最期まで皆の役に立とうとしたこの主人公の「ろうそく」の姿に、われらは世の光として来られた主イエス・キリストを重ねる。「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を与えるために来たのである」マルコ10:45 人類の罪という暗闇に囲まれる世に、光として歩まれたキリスト。彼は神の身分でありながら身を低くし、自分をなくしてまで、死に至るまで低みへと降られた。そこで、私たちの救いとなられたのである。(2021.11.14)

「ドクターX」という女医のドラマでの決め台詞「私、失敗しないので」。しかし残念なことに現実には存在しない。聖書の物語は実に現実的である。人間の「失敗物語」が赤裸々に暴露されているからだ。同時に、そのような人間を見限らず、救おうとされる神の存在が語られる。弟子たちは本心からイエスを裏切ることはない、自分は失敗しない、と意思を固くした事であろう。その弟子に対して、イエスは「そのあなたが私を知らないと言うのだ」と念を押される。その言葉は現実となった。われらは人間の意思が実際はいかに弱く脆いか、自分はだいじょうぶだという過信がいかに傲慢であるかを知らされる。けれども、そこでこそ救いと恵みに出会う。「力は弱さにおいて完成する。・・・キリストのために喜ぼう。弱い時に、私は力があるからだ」(Ⅱコリント12:9-10新約聖書本文の訳)人間の強さの中には神の働く余地は閉ざされる。神にとって不可能はなく、失敗しないのだから完全に任せ切ることができる。失敗は弱さのあらわれである。われらは弱さを認めたくない。自分はやれる、と思いたい。でも、できないときこそ、本当の力が発揮されるときなのだ。神がわれらに求められているのは、強さでも意地でもない。信頼なのである。それを知るために、徹底的に弱さの中に置かれることがあるのだ。(2021.11.7)

「過越の食事」とはユダヤでは新年行事であり、種無しパンを食べる伝統がある。酵母が取り除かれる固いパンは、かつてエジプトで奴隷であった時の苦難を想起するもので「苦しみのパン」と呼ばれた。また、彼らが救われる前夜、家の門に小羊の血が塗られたところでは、国中を襲った災いが過越したことを記念し、ぶどうの杯が交わされた。プロテスタントのキリスト教会では、主イエス・キリストが苦しみのパンとしてご自身の体を分かち合われたこと、世の罪を取り除く神の小羊として十字架で血を流されたことを記念し、ぶどうの杯を交わす礼典(主の晩餐式)として受け継いでいる。「取って、食べよ。これはわたしの体である」と主は今もご自身のからだを差し出される。この度、キリストの体を形づくる肢体として、主の愛される尊い一人が新たに群れに加えられた。愛する家族を失い、ご自身も多くの疾患を抱えておられる中、キリストと出会われた経緯を分かち合われた。それまでの壮絶なる苦悩の日々、それは彼における「苦しみのパン」である。そのパンが、キリストの体である教会で分かち合われた。「取って、食べよ」と。さらにまた、教会員ひとり一人においても、個別な痛みや悲しみ、苦しみのパンがある。けれども、それらが神の招きによってキリストの体にあずかり、ここで、ひとつの体とされる。ひとつの部分が痛めば全体が痛む。また、一人の喜びは全体の喜びとなる。ここで、みな、キリストとひとつに結ばれるのである。このご時世、いつ如何なることが起こるか先の事はわからない。だが、すべてに先立って主イエス・キリストがこれ以上ない苦杯を飲み干され、どのような苦難にも共にいてくださる。主とひとつに結ばれる者は復活という希望が備えられている。ここに真の過越がある。(2021.10.31(日))


ある男が突然、王様から召集された。男は不安になり3人の親友に一緒に来てくれと懇願する。一番の親友は日頃から大事にしており頼りになる存在。だが、いとも簡単に「NO」と断るのであった。もう一人の親友に頼むと、城の門までは一緒に行けるがそれ以上は無理、と言う。3番目の親友は普段は目立たず忘れている事もあったが、何処までも私が一緒にいるから王様の前でも心配いらない、と告げるのであった・・。これはユダヤのたとえ話。王様は「神」。呼ばれたのは「死」を意味している。一番の親友は「お金」。死後は意味を失う。二番目は「家族」。火葬場までは一緒に行けるが、その先は引き離される。3番目の友は「善行」。「行い」は、死後もついて行くという・・・。私たちは先に召された者の在りし日を偲ぶ時に想い起すのは、故人の生前における命の営みである。「あの人が生きていたらきっと、こうするに違いない・・」と、故人がその道にあって選び続けた行動の一貫性において地上に残された者の心に甦るのだ。かつて共に歩んだ中で与えられた愛の行為、それはいつまでも心に残される・・。われらにとって3番目の友は、主イエス・キリストである。彼はわれらを「友」と呼び(ヨハネ15:13-15)、友のために命を捨てるほどの愛のわざを十字架において与えられた。善いわざとは、主イエス・キリスト。彼と共に歩むことである。このお方に結ばれてわれらは生きる。主と共に葬られ、主と共に復活の命を生きるのだ。われらもいつの日かお呼びがかかる。だが、このお方がいつまでも、どこまでも一緒にいてくださるのである。「今から後、主に結ばれて死ぬ人は幸いである」。“霊”も言う。「然り。彼らは労苦を解かれて、安らぎを得る。その行いが報われるからである。」黙示録14章13節(2021.10.17(日))

2021年のノーベル物理学賞に真鍋淑郎氏が受賞。気象変動の予測に貢献された。片や10年前「タミ宣教会」のイ氏は他の数名の自称予言者と共に「世界が終わる日を予測・断言し、数学的仮定を立てる際には気をつけたほうがよい、と世界にしらしめた」としてパロディー版のイグノーベル賞を受賞した。いつの時代も世の終焉を巡って日時指定をする輩が出現するがこれまでピタリと実現した例はない。主イエスさえも「知らない」ものを誰が知り得よう。今後も同様に世の終焉の日付を予測する者は偽予言者と言って良いであろう。惑わされてはならない。かつて宗教改革者ルターは「明日世界が終わるとしても、わたしは今日、リンゴの木を植える」と言った。宗教改革前後の時代にはペストが世界を蔓延し、終末観念が強かったことを考慮すると上記の言葉は今も意義深く心に留められる。マルコ13章はいつ終末が来るか好奇心もあいまって兆候を訪ねる問いに対して、主イエスは繰り返し「目を覚ましていない」と呼びかけることによって言葉を結ばれる。「世の終わり」と騒ぎ立てる風潮に対して慌てたり、自暴自棄になるのではなく、落ち着いて誠実に自分のなすべき責任を果たす事。決して明日を過信せずに今日という日を精一杯生き、次の世代に希望をつないでいく。それが目覚めた生き方なのではないか。人類の終焉が到来する前に多くの者は自分の命の終末を迎える。人間はいつ死ぬかわからない。だからこそ、眠るような惰性や無関心でいるのではなく、起きて命に目覚めていたい、そう思う。人間には明日はわからないという緊張と、今日も変わらず世の終わりまで神は共にいて、眠ることもまどろむこともなく見守ってくださるという安心感。その狭間で生かされるのが健全な生き方なのかも知れない・・。(2021.10.10)

「世の終焉」を煽る思想はいつの時代にも存在する。新興宗教など様々な事象や兆候を並べ立て不安や恐怖で人を煽る者たちがいる。古代ギリシヤ語の文法用語での「アオリスト」は時制をあらわすアスペストの一種だが、完了、継続、反復との状態とは無関係に全体でひとつの動作をあらわし、「境界のない」という意味だそうである。一度でも人を恐怖で煽ると、その影響は継続して相手に不安を与え続けることがある。その意味にもかけて「人を煽ってくる者」を造語であるが、「あおりスト(煽りスト)」と個人的に呼んでいる。車道で一方的、強制的に煽ってくる暴走車等も該当するだろう。彼らは相手との対話を拒否し、考えさせる暇も奪う。イエスは「あおりスト」ではない、彼は共におられる救い主(キリスト)である。彼はわれらを脅し煽るのではない。むしろ兆候に左右される生き方ではなく、自分自身でよく気をつけよと、自ら思考させようと喚起する(23節)。一人で抱え込まずに、不安なら神に祈り、誰かに打ち打ち明けるのだ。確かに天体が消滅するような終焉を否定されない。しかし、主イエスは「わたしの言葉は滅びない(過ぎ去ることはない)」と言われる。世界がどのように様変わりしようと、たとえ天変地異が起ころうとも主イエスは共におられる。不幸や最悪と思える状況が重なると、人は思考することをやめたがる。そして不安を解消するために根拠のない情報までも鵜呑みにしてしまうことがある。主イエス・キリストは、史上最悪の事態に目を向けながらも、決して希望を失わない命へとわれらを招かれる。終わる時は終わる。兆候が問題なのではない。花はしぼみ、草は枯れる。だが主の言葉は決して過ぎ去らず、滅びない。そこでは終わりにあっても、福音のはじまり(1:1)がある。(2021.10.3)

望まないことが避け難く起こる苦難の時代をわれらは生きている。主イエスは世で起こる苦難、苦痛から目をそらさない。むしろ惑わし、戦争、災害、飢餓、殺戮・・・。これらは「産みの苦しみのはじまり」(8節)という。ここでは何か新しいものが生まれる過程、陣痛のような苦しみを連想するが、苦痛が突然襲ってくる比喩であり、単に「甚だしい苦痛」の意味だという(田川)。苦痛は何も生み出さない。苦痛は苦痛でしかない。確かなことは、「はじまり」があれば、「終わり」があるということ。これ以上ないという「苦痛」も、やがては必ず「過ぎ去る」ということだ。日頃から依存し、頼みにしていたものが根底から崩されるとき、われらは狼狽し、望みを完全に失うかのように思う。人が苦痛を覚える場所や程度は人によって異なるだろう。もし、苦痛にあって出口が見出されないとするならば、自分の苦痛が誰にも理解されないことだ。しかし人間の最も辛く、一番苦しいところ、まさにそこに神がおられる。一人で耐えるのではない、主イエスが一緒に呻き、苦しみのあるところに共にいてくださるのだ。「世の終わり」と訳されているギリシャ語「syn-tereia」は「一緒に仕上げる」という意味となる。われらの信頼する神は、「世の終わり」まで、最後まで一緒にいてくださる方である。そこにこそ確かな望みがあるのではないか。苦しみは避けられないが、あなたの苦しみを知られるお方が傍にいるのだ。(2021.9.26(日))

さらに表示する