被災地支援活動

牡鹿半島支援

宮城県石巻市牡鹿半島にて野菜配達。

仮設住宅集会所にてお茶っこ会等

 

<現地支援委員会>

宮城チームの活動に参加

(仙台基督教会・長命ヶ丘教会・大富教会・

 南光台教会)

月1回実施 (前回2017.7.29)

 

 


2017.7.29(土)宮城チームで石巻・牡鹿支援に出かけました。野菜配達とM浜集会所にてお茶っこをしました。

2017年6月17日石巻・牡鹿半島M浜・A浜・K浜高台復興住宅を訪問、お茶っこ会や野菜をお届けしました。

2017年5月20日石巻・牡鹿半島M浜にて野菜を配布し、お茶っこをしました。右は今年支援が終了したK浜仮設住宅跡地。

2017年4月15日石巻・牡鹿半島訪問・O浜仮設住宅訪問

2017年3月18日石巻(牡鹿半島)訪問・震災から6年を覚え、お花をお届けしました。

2016年11月19日仮設住宅集会所にて

※プライバシー保護のため画質を調整しています

2016年12月10日

日本バプテスト連盟の全国諸教会から寄せられたクリスマスメッセージカードをお届けしました。

現地支援委員会・宮城チーム

2011年4月、仙台地区の教会自体が被災していたこともあり、日本バプテスト連盟災害対策本部や北関東バプテスト連合の方々の協力のもと牡鹿半島での支援活動がはじまりました。甚大な被害のあった石巻市より北東に位置する牡鹿半島の浜は更に支援が遅れている状況にありました。原則毎週土曜日に炊き出し、がれき撤去作業、牡蠣準備のお手伝いをさせていただきました。また現地では野菜が不足しているということもあり、野菜配布がはじまりました。地元では「バプテストさん」と呼ばれ、月に一回(原則第3週土曜日)「お茶っこ」をはじめ地域の方々をつないでいくお手伝いをさせていただいております。

(仙台基督教会・大富キリスト教会・長命ヶ丘教会・南光台キリスト教会)


大槌町支援(岩手チーム)

岩手県大槌町、安渡地区、小鎚仮設住宅訪問支援(2017.8/23-26西南学院ボランティアチームと共に)


田老地区・大槌町安渡地区・小鎚仮設住宅を訪問しました。(2017.8.23-26)

2016年8月訪問(安渡・小鎚)


復興作業が停滞していた大槌町。最近になってようやく急ピッチで作業が進められている印象がありますが、復興団地は必要数の3割しか完成しておらず、現在約2000名の仮設住宅入居者がおられます。町が出来あがり、仮設住宅が閉鎖になるのは2年先との見通しです。最近は台風10号の影響で浸水被害に遭ったため、他の仮設に転居せざるを得なかった方とも出会いました。震災以降、盛岡バプテスト教会を中心に全国の諸教会からの支援によって安渡小学校にて炊き出しをさせていただいたことをきっかけに、現在でも定期的に安渡地区、小鎚地区にて「バプテストさんのお茶っこ」を開かせていただいております。

2016年10月12日〜15日

大槌町・安渡地区、小鎚仮設住宅訪問

(盛岡教会・姪浜教会・高須教会・横須賀長沢教会・南光台教会・西南学院ボランティアチーム参加)

2016年12月23日大槌町・小鎚仮設住宅集会所にて


熊本・大分支援

熊本・大分地震が発生し、東北バプテスト連合諸教会は金丸真牧師(長命ヶ丘教会)、田中信矢牧師(南光台教会)を現地に派遣。今回は南九州バプテスト連合からの要請もあり、東日本大震災から5年の東北の教会の歩み、震災対応のための教会の選び取りと失敗などを含め、情報交換と経験を分かち合う。

(2016年5月12日国分教会にて南九州バプテスト連合役員との会議)